ランニングウォッチ( GARMIN ForeAthlete 35J )を購入した

ランニングウォッチを購入するきっかけ

今年から、ダイエットのためランニングをはじめた。
ランニングをはじめると、「今日は何キロ走ったんだ?」とか分の走るペースはどんなもんなのか」とか、時間と距離に関する記録を確認したくなってくる。

調べてみると、スマホアプリで走行距離やペースを把握できるようである。
しばらくの間は「Nike+RunClub」というアプリをスマホにインストールし、ランニングポーチ(腹巻きみたいなの)にスマホを入れて、ランニングを続けていた。

Nike+RunClub

スマホアプリは非常に便利で、お金もかからず大変な優れものなのだが、ランニング中に、
・今どのくらいの距離を走ったのだろう?
・今の走行ペースはどのくらいだろう?
とかいう状況を、リアルタイムにチェックしたくなったときに、ランニングポーチからスマホを取り出す必要がある。

※アプリには、走行距離の節目(1km毎など)に音声でペースを案内する機能があるのだが、イヤホンをつけないと聞き取りづらい。

これまでに何度かスマホを落として画面を割ってきた経験から、このままランニング中にスマホをいじっていると、そのうち落として壊してしまう危険性があると感じた。
スマホをいじくらなくても済むよう、GPS機能付きのランニングウォッチを購入することにした。

ランニングウォッチの選定

ランニングウォッチに求める要件を整理した。

絶対必要な機能

・GPSによる走行距離測定ができる
・1km当たりの走行ペースが把握できる
・フルマラソンで使っても問題なく電池が持つ
※フルマラソンを走るのはいつの日になるのかわかりませんが。

あれば良いなという機能

・走行データをスマホアプリ(できればNike+RunClub)と連動させたい。
・LINEやメール等のスマホへの通知を、ランニングウォッチでも受け取りたい。
・心拍数や歩数等のデータを、いわゆる「ライフログ」として記録したい。

上記の要件と、売れ線っぽい製品のとを照らし合わせてみた。

(1) EPSON WristableGPS Q-10
定価:¥13,000(税抜)
GPS:○
電池持ち:◎ 約13時間
スマホ連携(走行データ):×PCを経由する必要あり
スマホ通知:× Bluetoothなし
心拍計:× なし

(2) EPSON WristableGPS Q-10
定価:オープン(実売:税抜2万円台前半)
GPS:○
電池持ち:○ 約10時間
スマホ連携(走行データ):△Nike+RunClubとは連携不可
スマホ通知:○
心拍計:○ あり

(3) Garmin ForeAthlete 10J
定価:¥9,980(税抜)
GPS:○
電池持ち:△ 約5時間
スマホ連携(走行データ):×PCを経由する必要あり
スマホ通知:× Bluetoothなし
心拍計:× なし

(4) Garmin ForeAthlete 35J
定価:¥22,963(税抜)
GPS:○
電池持ち:◎ 約13時間
スマホ連携(走行データ):〇Garmin Connect経由で、Nike+RunClubと連携可能
スマホ通知:〇
心拍計:○ あり

(5) Garmin ForeAthlete 230J
定価:¥18,334(税抜)
GPS:○
電池持ち:◎ 約13時間
スマホ連携(走行データ):〇Garmin Connect経由で、Nike+RunClubと連携可能
スマホ通知:○
心拍計:× なし

(6) Garmin ForeAthlete 235J
定価:¥31,297(税抜)
GPS:○
電池持ち:◎ 約9時間
スマホ連携(走行データ)::〇Garmin Connect経由で、Nike+RunClubと連携可能
スマホ通知:○
心拍計:○ あり

上記の製品のスペックを見て、
・3万円台はちと高すぎる
・EPSON製品はNike+RunClubとの連携が出来ない
・計測時間が5時間までだとフルマラソンで使うの厳しい

なんてことを考えて最終的な候補は、

・Garmin ForeAthlete 35J
・Garmin ForeAthlete 230J

のどちらかにしようと考えた。


GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ GPS 心拍計 ライフログ 50m防水 ForeAthlete 35J ブラック 【日本正規品】 FA35J 168938


GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ 時計 GPS ライフログ ForeAthlete 230J ブラック×ホワイト 【日本正規品】 FA230J 371787

2機種の大きな違いは、心拍計の有無とデザインであり、価格的には35Jの方が少し高額である。
迷ったのだが、シンプルなデザインで心拍計付きの「ForeAthlete 35J」を購入することにした。

ForeAthlete 35J 使ってみての感想

使ってみたところ、やはりランニング中に走行距離やペースがリアルタイムにチェックできるのは素晴らしい事だと感じた。

その他にもおすすめしたい点や、気になったところを以下にまとめた。

良いところ

  • 電池の持ちが良い + 充電が早い
    ランニング週に2回(各1時間)といったようなライトな使用方法であれば、電池は充電なしで5日程度はもつ。
    また充電時間も、電池が空っぽの状態から満充電の状態まで1時間30分程度で充電できた。
  • スマホの着信やメール受信等の通知が便利
    スマホへの電話の着信や、メール(LINE)等の受信の通知がランニングウォッチに届く。
    カバンに入れた電話の着信に気づかない事が良くあったのだが、通知の機能があることで解消された。
  • 歩数計と消費カロリーの表示が運動の意欲を高める。
    日ごとの目標歩数と、実際の歩数が表示され、目標を達成するとバイブレーションでお祝いしてくれる。また、心拍数と連動した消費カロリーの表示もある。今日はもうちょい運動してみよう、という気にさせてくれる。
    結果的に心拍数付のモデルにしておいてよかったと感じた。

イマイチなところ

  • プラスチッキーなデザイン
    まぁこれは好みによる部分ではあるが、少なくとも高級感はない。
    購入直後に周りの人に値段を聞かれたので正直に答えたところ、「うっそー!5000円ぐらいに見える!」とショッキングな反応があった。
    ライフログの機能があるため、常時身につけておきたいところだが、スーツにこの時計は厳しいかもしれない。
  • ちょいちょいフリーズする
    気づくと時計が進んでおらず、操作を一切受け付けなることが購入後半年間で5回ほど発生した。今のところランニング中に発生したことはなく、電源ボタンを長押しして電源を切り、再度電源を入れることで復旧するのではあるが、これがマラソンの大会中に発生すると大慌てとなるであろう。
    ↓フリーズ中の様子。時計は進まず、ボタンを押しても一切反応がない。

 

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • no name

    はじめまして。
    私も同じ時計(海外通販で購入したのでForerunner35)を使っているのですが、同じくちょくちょくフリーズします。
    主な症状は1.トレーニング中に気が付くと時計が止まっていて、一切の操作を受け付けない。 2. 左上のボタンを押してトレーニングを終了したのに保存されない。という2つのいずれかが頻発しています。いづれも強制終了⇒再起動で復旧するのですが、せっかくの練習内容が保存されないのがとても残念です。おでんQさんの35Jはその後調子はいかがでしょうか?

    2018年10月29日 17:44
    • sktn

      コメントをいただき、ありがとうございます。

      私の場合は、トレーニング中にフリーズしたことはありません。
      (暖かくなってから、トレーニングする機会が激減しているため、参考にならないかもしれませんね)

      ふと気付くと時計が止まっているという症状が、引き続きちょいちょい発生しています。

      ファームウェアを更新すれば直るかな、と考えて更新を試みましたが、すでに最新版がインストールされている状態でした。

      なんとかして欲しいですね~

      2018年10月31日 19:15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です